清里と野辺山高原 | La terre

La terre

清里と野辺山高原

八ヶ岳の麓、清里と野辺山高原に行きました!

ちなみに、今回の記事は美ヶ原の続きです。
1泊2日で美ヶ原と清里に行ったのですが、記事を分割しています。

八ヶ岳高原大橋
DSC_0486
写真は橋を渡ったところにある駐車場から撮影。
橋を渡っていると両側に絶景を見ることができます。

徒歩で橋の上に
DSC_0499
かなり高いところに橋がかかっているため、橋の上から下を見下ろすと迫力があります!

橋の上
DSC_0504
橋の上はこんなかんじになっています。
もともと有料道路だった為か、道がきちんと整備されています。
そのため道路は非常に走りやすい道になっています。

吐竜の滝へ来ました!

ちょっとした穴場スポットにもなっている吐竜の滝です。
八ヶ岳高原大橋からすぐ近くです。

滝入口
DSC_0519
吐竜の滝入り口にある看板。
看板右上の人物は清里の父とも言われている「ポール・ラッシュ博士」です。

森の中を歩く
DSC_0520
清里の大自然の中を歩いていきます。
森林浴には最高のスポットです。
でも、クマ出没注意って・・・

鉄道橋
DSC_0573
森の中を歩いていると突然鉄道橋が姿を表します。
この線路にはJR小海線が走っています。

景観保存地区
DSC_0567
この付近は景観保存地区になっているらしい。
これだけの大自然を保護するのはきっと大変だろう。

吐竜の滝
DSC_0558
いよいよ滝まで来ました!
滝の周辺は水飛沫とマイナスイオンのお陰で周囲より涼しい。

滝を見た後は一旦清里を離れて野辺山高原へ向かいます。

清里と野辺山高原3

長野県の野辺山高原へ来ました!

清里からは車ですぐなので時間があったらぜひ、野辺山へ足を運ぶことをおすすめします。

鉄道最高地点
DSC_0597
過去に一度来たことのある鉄道最高地点。
再び訪れてみるとちょっと懐かしい感じがする。

JR鉄道最高地点の碑
DSC_0601
現在は「JR鉄道最高地点」と書いてありますが、以前は「日本鉄道最高地点」と書いてあったみたいです。
踏切の場所がちょうど最高地点になっています。

平沢峠
DSC_0608
鉄道最高地点からすぐのところにある平沢峠です。
晴れていれば八ヶ岳が一望できるのですが、この日は残念ながら八ヶ岳は望めませんでした。

野辺山天文台
DSC_0634
野辺山にある国立天文台です。
平沢峠にある雷岩という場所から眺めることができます。

野辺山高原を後にしていよいよ清泉寮へ!

野辺山から再び清里へと戻ります。
清里のシンボル「清泉寮」へと向かいます。

清泉寮が見えてきた!
DSC_0647

清泉寮
DSC_0649
よくガイドブックに載っているのはだいたいこのアングル。
清泉寮はホテルになっているほか、アイスや牧場関連の商品も充実していて、清里を代表する観光地になっています。
新鮮なジャージー牛乳を使用したソフトクリームが有名です。

近づいてみた
DSC_0654
先程よりも近づいて撮影してみた。
これぞ”高原のホテル”っていう感じでおしゃれです。

清泉寮の次はまきば公園へと向かいます。

まきば公園へ来ました!

清泉寮からは車で5分程度と非常に近いので、こちらも時間があったらぜひ寄って欲しいスポットです。

まきば公園
DSC_0658
若干雲がかかっていますが、画像左奥に見えるのが八ヶ岳。
雄大な八ヶ岳の麓に広がる県立公園がまきば公園です。

レストラン
DSC_0680
牧場公園内にあるレストランです。
ジャンボパフェなどが有名でよくガイドブックにも載っているスポット。

放牧中
DSC_0669
遠くに牛が放牧されていました。
写真は望遠レンズを使用して撮影しています。

山羊
DSC_0686
山羊も外に放されています。
ちなみに動物に触れることもできます。

東沢大橋
DSC_0691
最後に東沢大橋へやって来ました。
場所的には清泉寮とまきば公園の間にあります。
八ヶ岳をバックに清里の自然の中に赤い橋が映えます。
特に紅葉のシーズンには辺り一面が紅く染まりとてもきれい。

また高原に旅したいと思える旅でした。
今回も長文に付き合っていただきありがとうございます。