長野ふるさとの旅 | La terre

La terre

長野ふるさとの旅

ふるさとのを探しに長野に行きました!

今回は”リゾートビューふるさと”という臨時列車に乗って、ふるさとを探しに行こうというのが旅の目的です。

あさま
IMG_0932
東京駅でちょっと時間があったので新幹線を撮影。
今回は自由席にしたが始発なので余裕で座れる。

新幹線だと長野までたったの1時間半で行けるのが嬉しい。
駅弁食べてちょっとのんびりしている間についてしまう。

長野からリゾートビューふるさとに乗り込みました!

リゾートビューふるさとは長野を出ると姨捨に停まります。
姨捨駅からの車窓は日本三大車窓にも選ばれています。

姨捨駅
DSC_0217

日本三大車窓
DSC_0214
日本三大車窓の一つ姨捨駅からの車窓です。
やはり三大車窓というだけあって景色は素晴らしい。

駅舎
DSC_0223
駅舎もなかなかいい雰囲気を出しています。
ちょっとレトロな感じがなんとも言えない。

リゾートビューふるさと
DSC_0220
「リゾートビューふるさと」と普通列車が並んだところを撮影。
列車を撮影していたらたまたま普通列車が入線してきたので、すかさず撮りました。

もう1枚
DSC_0226
姨捨駅でもう1枚撮影。
ちょっと遊んでみました。

姨捨駅を出ると田園風景を眺めながら松本駅へと列車は進んでいきます。
ふるさとを走る臨時列車の旅というのもなかなかいいものです。

松本駅へと到着しました!

「リゾートビューふるさと」は松本駅で進行方向を変え、大糸線の南小谷まで行くのですが今回は松本まで乗車しました。

松本から大糸線の普通列車に乗って更に”ふるさと”っぽいところを目指します。まだだいぶ時間があるので恒例の写真撮影。

E351系 スーパーあずさ
DSC_0233
松本駅に停車中のスーパーあずさです。
個人的にスーパーあずさは好きなので真っ先に撮影。

115系
DSC_0234
結構離れたところに115系が停まっています。
望遠レンズを使いましたがちょっと距離があった為うまく撮れず。

松本駅から大糸線に乗って梓橋駅を目指します。
だいたい電車で10分ぐらいなのですぐに着くはず。

梓橋駅
DSC_0238
単線の駅でいい感じに田舎の駅という雰囲気。
電車はだいたい1時間に1本程度しか来ません。

なぜこの駅で降りたのかは次項を見ればわかると思います。

梓橋駅から少し歩いてみました!

駅から梓川の方へ向かいちょっと歩きました。
辺りはいい感じに長閑です。

雄大な北アルプス
DSC_0240
駅の近くからは北アルプスがきれいに見えます!
この日は山頂付近に雲がかかってしまっているため、山の識別ができず。

ただ、ここ安曇野市といえば常念岳が有名です。
この場所からだと右奥の方に見えると思います。

鉄道橋
DSC_0241
結構いい感じの橋があったので撮影。
この橋は梓川に架かる鉄道橋です。

別アングル
DSC_0248
別のアングルからもう1枚撮影。
単線というところが自分の中では大きなポイント。
おそらくそんなにたくさん電車は走っていないはず。

いい雰囲気
DSC_0259
いつまでも眺めていたくなるような長閑な風景。

電車が!
DSC_0267
撮影していたらちょうど電車が来たので、すかさず撮影。
逆光だったのであまりうまくは撮れなかったけどなんとか撮れた。

また梓川駅から電車に乗って再び松本へ戻ります。

長野ふるさとの旅5

松本といえばやっぱり松本城!

というわけで梓川駅から松本城へと向かいます。
前回は時間がなくて城内に入れなかったので今回は入りたいと思います。

天守
DSC_0276
松本城の天守が見えてきました。
立派な黒天守が松本城の特徴です。

松本城天守
DSC_0319
ここからは有料のエリアになります。
600円を払っていざ城内へ!

城内から
DSC_0327

城内から撮影してみました。
このように暗い場所から明るい場所を撮るのってすごく難しいんです。
どうしてもどっちかが明るすぎたり暗すぎたり… と結構大変。

これで今回の長野ふるさとの旅は終わりです。
実は一泊二日で旅をしていて二日目は上高地に行ったのですが、こちらは記事を分割していますので後日ブログに掲載します。

それでは長文にお付き合いいただきありがとうございました。

追記
2日目の上高地の記事を作成しました。