La terre - chantatsuの個人サイト

La terre

桃源郷ドライブ

2015 / 旅ログ

桃源郷

桃の花を見に山梨へドライブに行ってきました!

東京からのアクセスも良く、観光地や自然がたくさんある山梨はいつ訪れても満足できる場所です。

桃源郷

深夜の中央道を走り山梨県にやってきました。時刻はまだ夜明け前、朝4時です。

夜明け前の桃源郷

夜明け前

夜明け前の甲府盆地の明かりと手前に見える夜の桃の花が綺麗。

写真だと夜明け前っていう感じに見えますが、実際は辺りは真っ暗で普通にスマホとかで写真を撮ると何も写らないです。

明るくなってきた

夜明けの桃源郷

徐々に夜が明けて辺りが明るくなってきました。

とはいえまだ時刻は早朝4時前。結構寒くてシャッターを押す手が震える。

展望台と桃園を撮影

展望台と桃

桃園の中にある展望台から写真を撮影していました。この場所からだと周りにある桃と甲府盆地を一望することができ、まさしく桃源郷という景色を眺めることができます。

桃の花

桃の花

桃の花びらをアップで撮影。遠くから撮影するのも桃園の良さがでていいのですが、こうしてアップで撮影すると桃の花そのものの良さが出ていいと思う。

花びら

桃の花

桃と桜と梅って花が似ていますが見分け方をご存知でしょうか。

咲く順番は地域差などもありますが、梅→桃→桜の順番で咲きます。

花びらは、梅は花弁の先が丸く、桃は花弁の先がやや尖り、桜は花弁の先が割れているのが特長です。

花見というと桜というイメージが強いかと思いますが、桜だけでなく桃を見ながらの花見もまた違った良さがありお勧めです。

大石公園

桃源郷を後にして河口湖畔にある大石公園へ来ました!

大石公園は過去に何度もきたことがある場所で、以前星空を撮影したスポットでもあります。詳しくは河口湖と星空をご覧ください。

大石公園周辺

大石公園周辺

公園周辺を散策してみました。遊歩道の両脇に花が植えられていて散歩するにはもってこいの場所。

チューリップ

チューリップ

花壇には少しですがチューリップが咲いていました。綺麗だったので思わず撮影。

河口湖をイメージした花壇

河口湖をイメージ

公園内に河口湖をイメージした花壇がありました。花壇の右上の水が溜まっている水槽は河口湖の形になっていて、中央には河口湖大橋をイメージした小さな橋がかかっています。

河口湖大橋周辺

大石公園を後にして河口湖大橋周辺へ移動。

河口湖大橋

河口湖大橋

河口湖に架かっている大きな橋が河口湖大橋です。他に橋がないのですぐに見つけることができます。この辺からだと河口湖全体を見渡すことはできませんが、橋を間近で見ることができます。

少し高いところから

高台から撮影

少し高いところから撮影した写真です。橋よりも高いところから撮影しているので、対岸の景色を少し写すことができる。

さらに高いところから撮影

河口湖

町営駐車場の近くにある高台から撮影。このエリアからだと河口湖全体を見渡すことができませんが、高いところから湖を眺めることができるのは圧巻。

河口湖は東西に細長い形をしているので全体を見渡すのが難しいですが、その分エリアごとに違った景色を見ることができる湖なので時間があれば一箇所だけでなくいろいろな場所を回って違った角度から見てみるのがお勧めです。

富士山エリア

河口湖から水ヶ塚公園へ移動します。

水ヶ塚公園は河口湖からだと富士山を挟んでちょうど反対側にあります。ちょっと距離があるのですが時間があったので寄ってみました。

富士山

富士山

水ヶ塚公園から見た富士山です。曇っていたため山頂は見えず。30分ぐらい粘りましたがこれが限界でした。天気がいい日は真正面に富士を眺めることができるのですが、毎回ここに来るときは天候に恵まれないのが悲しい。

三国峠

水ヶ塚公園を後にして富士山スカイラインを経由して三国峠を目指します。

三国峠

三国峠

芦ノ湖スカイライン上にある三国峠です。富士山撮影スポットとしても有名だと思います。やはり山頂は綺麗に見えませんが、雪が少し見えるので富士山の存在感が伝わってきます。

富士山

富士山

望遠レンズを使って富士山を撮影。この場所からだと正面に富士を見ることができます。曇っていなければ最高の富士撮影スポットなのですが、曇っていてもさすがの存在感。

峠周辺

三国峠は富士撮影スポットとしても有名ですが、峠と道のこの風景もなかなか見応えがあっていいと思います。ドライブにもツーリングにもお勧めの芦ノ湖スカイライン、曇っていましたが多くのライダーがツーリングを楽しんでいました。

これで今回の旅は終わりです。最後までお読みいただきありがとうございました。

まだまだ旅は続きます。次回、乞うご期待を!